DG-Lab×ドゥルーズ研究会 合同研究会開催のお知らせ

注目

来たる11月18日(土)・19日(日)、DG-Lab(関西)とドゥルーズ研究会(東京)が合同で研究会を実施いたします。1日目を読書会(セミ・クローズド)、2日目を研究発表(オープン)とし、ドゥルーズ・ガタリに関心を持つ人たちが東西の垣根を越えて集結し、彼らの思想・哲学について議論を交わしたいと思います。

DG-Lab初の東京出張となります。普段お目にかかれない方々も、奮ってご参加いただければ幸いです。詳細については下記をご確認ください。


DG-Lab×ドゥルーズ研究会 合同研究会

日時:2017年11月18日(土)・19日(日)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス研究室棟 1階研究室会議室・地下会議室

主催:DG-Lab(関西)×ドゥルーズ研究会(東京)

11月18日(土) 読書会

*Semi-Closed Sessions 参加希望の方は下記アドレスに(もしくは下記フォームより)事前連絡してください。

会場:研究室棟 1階研究室会議室

14:00-16:00 「欲望と快楽」(『狂人と二つの体制 1975-1982』所収)/担当:内藤慧(東京大学)

16:00-16:30 休憩

16:30-18:30 「ザッヘル・マゾッホからマゾヒズムへ」(『書簡とその他のテクスト』所収)/担当:得能想平(大阪大学)

11月19日(土) 研究発表会

*Opened Sessions 事前連絡不要。どなたでも自由に参加いただけます。

会場:研究室棟 地下会議室

13:00-14:30 西川耕平(慶應義塾大学)「ドゥルーズ=ガタリ『カフカ』における法の問題」

14:30-15:00 休憩

15:00-16:30 山森裕毅(大阪大学)「ンデンブ族の医師によるスキゾ分析(パイロット版)」

16:30-17:00 休憩

17:00-17:30 ふりかえり

 

問い合わせ先 ↓↓↓ (もしくは下記フォームより)

image

新しい画像

 

広告

(2018年度)第19回DG-Lab研究会のお知らせ

新年あけましておめでとうございます。

皆さまのご協力により、昨年度は、9月には人文書院・岩波書店との共催イベント、11月にはドゥルーズ研究会との初の合同研究会(@慶応)を実施するなど、きわめて充実したものとなりました。まことにありがとうございました。

さて、年もあけまして、来る1月20日(土)に2018年度の研究会を開催いたします。
2018年度は、ドゥルーズの主著のひとつ『差異と反復』の出版50周年ということで、これに合わせた関連イベントの企画・実施を念頭に、研究会の運営を進めていきたいと思います。具体的には、読書会パート前半期(1月・3月・5月)では、『差異と反復』に結実する概念や着想の多くが、すでに展開されていた『ニーチェと哲学』を読み、後半(7月・9月・11月)では、満を持して真正面から『差異と反復』に取り組みたいと思います。

本年度もDG-Labを何卒よろしくお願いいたします。

※今回はじめて参加を希望される方は、下記の事務局アドレスまでご連絡いただくか、下のフォームからお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

image

****************************
【日時】2018年1月20日(土)14時~19時(*13時からミーティング)

【場所】長岡京市生涯学習センター、6階・和室 バンビオ1番館内
http://www.bambio-ogbc.jp/access/

【読書会】『ニーチェと哲学』「結論」および「第三章批判」(担当:平田公威)

※『差異と反復』に直結する論点を整理したいと思います。
※ジル・ドゥルーズ『ニーチェと哲学』江川隆男訳、河出文庫、2008年。

【研究発表】シモカワ「ジル・ドゥルーズ/フェリックス・ガタリ 宇野邦一訳
『カフカ マイナー文学のために』より。」

レーニンと同時代に生きるカフカ。
カフカはロシア革命をどうみるだろうか?
(引用) …もっとも過酷な労働条件もKは批判する気がなく…。
チェコの社会主義的無政府主義的運動には共感していたが、カフカは
その道を歩もうとはしない。労働者の列とすれ違うとき、カフカは
『アメリカ』のKと同じように無関心である。
「この連中こそ世界の主人なのだ。けれど彼らはまちがっている。
彼らの背後で、すでに事務員たち、役人たち、職業的政治家たち、
現代のあらゆる殿様たちが前進していて、彼らはこうした殿様が権力に
つくのを準備しているだけだ」。
つまりロシア革命は、カフカには、激変や革新であるよりもむしろ
新しい切片の生産であるように見える。
ロシア革命の拡張は、前進であり、切片的推進であり、暴力が煙を
あげること なしにはすまない成長である。
では、
カフカはどうふるまうのか。いかに革命をおこなうのか。
『アンチ・オイディプス』と『千のプラトー』の間に発表された
ドゥルーズとガタリの共著を今日、現在の「過程」そのものとして
読み返すことを試みたいと思います。

【参加費】会場費として300円

【定員】20名程度

424241_359604617405540_1725324468_n

第18回DG-Lab研究会のお知らせ

皆様

お世話になっております、DG-Lab事務局です。東京出張に続いて、定例の研究会もやります!

 

読書会開始時刻が通常とは違いますのでご注意ください。今年度最後の研究会となります。皆様奮ってご参加ください。

※今回はじめて参加を希望される方は、下記の事務局アドレスまでご連絡いただくか、下のフォームからお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

image

*****

【日時】2017年11月25日(土)14時~19時(*ミーティングは読書会の前か会終了後)

【場所】長岡京市生涯学習センター、6階・配膳試食室 バンビオ1番館内
http://www.bambio-ogbc.jp/access/

【読書会】『哲学とは何か』「5章 哲学―科学、論理学、そして芸術」
(ファンクティヴと概念)部分(担当:佐原浩一郎)

【研究発表】得能想平「『経験論と主体性』における合目的性と存在論」

【参加費】会場費として300円

【定員】20名程度

*****

それでは当日お会いできることを楽しみにしております。

第17回DG-Lab研究会のお知らせ

皆様、

お世話になっております、DG-Lab事務局です。お盆が明け、すでに8月も終わろうとしているにもかかわらず、まだ休み気分から抜け出せませんが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、9月30日(土)に第17回DG-Lab研究会を実施いたします。詳細は下記をご覧ください。

※今回はじめて参加を希望される方は、下記の事務局アドレスまでご連絡いただくか、下のフォームからお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

image

***************************

【日時】2017年9月30日(土)14時~19時(*13時からミーティング)

【場所】長岡京市生涯学習センター、6階・会議室3 バンビオ1番館内
http://www.bambio-ogbc.jp/access/

【読書会】ジル・ドゥルーズ+フェリックス・ガタリ『千のプラトー』
「12 一二二七年―遊牧論あるいは戦争機械」:マイナー科学について
(担当:小川歩人)

【研究発表】内藤慧「前期ドゥルーズにおけるesthétique概念」

【参加費】会場費として300円

【定員】20名程度

***************************

それでは、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

人文書院、岩波書店、DG-Lab主催イベント 「真理・享楽・政治―精神分析と政治」(9/23)のお知らせ

先日出版されました、上尾真道『ラカン 真理のパトス』(人文書院)、山本圭『不審者のデモクラシーをめぐって』(岩波書店)、ヤニス・スタヴラカキス『ラカニアン・レフト』(岩波書店)をめぐる合同合評会が開催されます。昨年、研究会が実施した「公開実験」にご参加いただいた上尾氏、松本卓也氏に加え、DG-Labからは小倉拓也氏、山森裕毅氏が登壇いたします。皆様、ぜひともお集まりいただきますようお願いいたします。(ポスターはこちら

poster1poster2

 

 

第16回DG-Lab研究会のお知らせ

皆様

お世話になっております、DG-Lab事務局です。日々蒸し蒸しと暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

さて、次回、7月22日(土)に第16回DG-Lab研究会を実施いたします。詳細は下記をご覧ください。

※今回はじめて参加を希望される方は、下記の事務局アドレスまでご連絡いただくか、下のフォームからお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

image

*****************************

【日時】2017年7月22日(土)14時~19時(*13時からミーティング)

【場所】長岡京市生涯学習センター、4階・学習室3 バンビオ1番館内
http://www.bambio-ogbc.jp/access/

【読書会】ドゥルーズ「マテシス、科学と哲学」(『ドゥルーズ 書簡とその他のテクスト』河出書房新社所収)(担当:小林卓也)

【研究発表】小嶋恭道「フーコーによるパウル・クレー;ドゥルーズの『フーコー』を経由して」(仮)

【参加費】会場費として300円

【定員】20名程度

*****************************

それでは皆様にお会いできることを楽しみにしております。

243-307-1-PB

会誌『hyphen(ハイフン)』第2号刊行のおしらせ

皆さま、

このたび、DG-Labでは、当研究会の会誌である『hyphen(ハイフン)』の第2号を刊行する運びとなりました。2016年度の研究会の報告に加え、松本卓也氏および上尾真道氏をお招きした「公開実験」の報告、さらに、研究会メンバーを執筆者とする論考・批評・研究ノートが掲載されています。ぜひご覧ください。

******

リンク先はpdfファイルとなっています。

著作権は執筆者に属します。引用などの著作権法上認められた場合を除き、無断転載を禁じます。

__________________________________

『hyphen』(2017)第2号

表紙・目次

【年次報告】

2年目を通過しての成果と課題

・・・・・・・・・・・小倉拓也

【特集:ジャック・ラカン『エクリ』刊行50年記念】

忘却の政治:あるいは「書かれないことをやめない」ものの周りで

・・・・・・・・・・・上尾真道

部分的依存と半‐偶発――ドゥルーズの「連鎖」概念の行方

・・・・・・・・・・・小倉拓也

カフカ式スキゾ分析について

・・・・・・・・・・・山森裕毅

【論考】

ドゥルーズ『意味の論理学』における自由と実現主義について

・・・・・・・・・・・平田公威

非連続の筆致――『触覚』におけるデリダのドゥルーズ批判をめぐって

・・・・・・・・・・・小川歩人

ジル・ドゥルーズの「女性」論に関するメモ

・・・・・・・・・・・内藤 慧

埋め合わせと置き換え――ドゥルーズの初期モノグラフを巡って

・・・・・・・・・・・得能想平

【翻訳】

ダニエラ・フォス「マイモンとドゥルーズ:内的発生の観点と微分の概念」 

・・・・・・・・小嶋恭道=訳

【報告】

DG-Lab公開実験「DG-Lac(an)」の様子

・・・・・・・・・・・木元竜太

奥付

一括ダウンロード