第17回DG-Lab研究会のお知らせ

皆様、

お世話になっております、DG-Lab事務局です。お盆が明け、すでに8月も終わろうとしているにもかかわらず、まだ休み気分から抜け出せませんが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、9月30日(土)に第17回DG-Lab研究会を実施いたします。詳細は下記をご覧ください。

※今回はじめて参加を希望される方は、下記の事務局アドレスまでご連絡いただくか、下のフォームからお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

image

***************************

【日時】2017年9月30日(土)14時~19時(*13時からミーティング)

【場所】長岡京市生涯学習センター、6階・会議室3 バンビオ1番館内
http://www.bambio-ogbc.jp/access/

【読書会】ジル・ドゥルーズ+フェリックス・ガタリ『千のプラトー』
「12 一二二七年―遊牧論あるいは戦争機械」:マイナー科学について
(担当:小川歩人)

【研究発表】内藤慧「前期ドゥルーズにおけるesthétique概念」

【参加費】会場費として300円

【定員】20名程度

***************************

それでは、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

広告

人文書院、岩波書店、DG-Lab主催イベント 「真理・享楽・政治―精神分析と政治」(9/23)のお知らせ

先日出版されました、上尾真道『ラカン 真理のパトス』(人文書院)、山本圭『不審者のデモクラシーをめぐって』(岩波書店)、ヤニス・スタヴラカキス『ラカニアン・レフト』(岩波書店)をめぐる合同合評会が開催されます。昨年、研究会が実施した「公開実験」にご参加いただいた上尾氏、松本卓也氏に加え、DG-Labからは小倉拓也氏、山森裕毅氏が登壇いたします。皆様、ぜひともお集まりいただきますようお願いいたします。(ポスターはこちら

poster1poster2