会誌『hyphen(ハイフン)』第2号刊行のおしらせ

皆さま、

このたび、DG-Labでは、当研究会の会誌である『hyphen(ハイフン)』の第2号を刊行する運びとなりました。2016年度の研究会の報告に加え、松本卓也氏および上尾真道氏をお招きした「公開実験」の報告、さらに、研究会メンバーを執筆者とする論考・批評・研究ノートが掲載されています。ぜひご覧ください。

******

リンク先はpdfファイルとなっています。

著作権は執筆者に属します。引用などの著作権法上認められた場合を除き、無断転載を禁じます。

__________________________________

『hyphen』(2017)第2号

表紙・目次

【年次報告】

2年目を通過しての成果と課題

・・・・・・・・・・・小倉拓也

【特集:ジャック・ラカン『エクリ』刊行50年記念】

忘却の政治:あるいは「書かれないことをやめない」ものの周りで

・・・・・・・・・・・上尾真道

部分的依存と半‐偶発――ドゥルーズの「連鎖」概念の行方

・・・・・・・・・・・小倉拓也

カフカ式スキゾ分析について

・・・・・・・・・・・山森裕毅

【論考】

ドゥルーズ『意味の論理学』における自由と実現主義について

・・・・・・・・・・・平田公威

非連続の筆致――『触覚』におけるデリダのドゥルーズ批判をめぐって

・・・・・・・・・・・小川歩人

ジル・ドゥルーズの「女性」論に関するメモ

・・・・・・・・・・・内藤 慧

埋め合わせと置き換え――ドゥルーズの初期モノグラフを巡って

・・・・・・・・・・・得能想平

【翻訳】

ダニエラ・フォス「マイモンとドゥルーズ:内的発生の観点と微分の概念」 

・・・・・・・・小嶋恭道=訳

【報告】

DG-Lab公開実験「DG-Lac(an)」の様子

・・・・・・・・・・・木元竜太

奥付

一括ダウンロード

広告