発表タイトル・司会者決定/ジャック・ラカン『エクリ』刊行50年記念 DG-Lab公開実験「DG-Lac(an)」 開催のおしらせ

%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc2

第1部:言語-連鎖(13:15-14:45)

松本卓也「「シニフィアンの論理」再考—ラカンにおける構造と歴史」

小倉拓也「部分的依存と半‐偶発—ドゥルーズにおける「連鎖」概念の行方」

 

第2部:政治‐分析(15:00-16:30)

上尾真道「忘却の政治:あるいは「書かれないことをやめない」ものの周りで」

山森祐毅「カフカ的スキゾ分析について」

 

全体討議(16:45-17:45)

(総合司会:福尾匠)

 

ジャック・ラカン『エクリ』刊行50年記念 DG-Lab公開実験「DG-Lac(an)」ポスター2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中