2016年度第1回DG-Lab研究会告知

先日の研究会で、当初予定しておりました初年度の日程はすべて無事に終了いたしました。これも、皆様にご協力いただいたおかげです。ありがとうございました。

さて、2016年度DG-Lab第1回研究会は、以下の日程で開催されます。皆様、ぜひご参加いただけますようよろしくお願いいたします。

***********

次年度テーマとして取り上げるのは「ライプニッツ」です。ドゥルーズ哲学においてライプニッツの占める位置、役割について、さまざまな観点から検討したいと考えています。たとえば、『千のプラトー』以降のドゥルーズ哲学の自然哲学的展開を考えれば、その最大の帰結は『襞』ですし、また、つねにライプニッツと対比的に論じられるスピノザとの関係はどうなのか(すなわち、ドゥルーズはライプニッツ主義なのかスピノザ主義なのか)、さらには、『差異と反復』におけるやや否定的なライプニッツ評価に対し、それ以降のドゥルーズによる評価の変遷などが問題点として挙げられます。

読書会では『襞』だけではなく、『意味の論理学』、『差異と反復』、パリ8大学での講義などから、ライプニッツに関連する箇所(副-言、可能世界論、人称性、バロック、無限小、等々)を選定し、読んでいきたいと思います。

〈第1回DG-Lab研究会〉
【日時】 2016年1月23日(土)15時~20時
【場所】 長岡京市中央生涯学習センター、4階・学習室3
【読書会】 ドゥルーズのライプニッツ講義:Web Deleuze(http://www.webdeleuze.com/php/sommaire.html)内のライプニッツ欄にある英訳のある5回分。今回は①と②を扱います。(担当:得能想平)

※テキストにつきましては下記のpdfファイルを参照ください。

〈読書会資料〉

ライプニッツ講義①(15_4_1980)ライプニッツ講義②(22_4_1980)ライプニッツ講義③(29_4_1980)ライプニッツ講義④(6_5_1980)ライプニッツ講義⑤(20_5_1980)

(英訳)ライプニッツ講義①(15_4_1980)(英訳)ライプニッツ講義②(22_4_1980)(英訳)ライプニッツ講義③(29_4_1980)(英訳)ライプニッツ講義④(6_5_1980)(英訳)ライプニッツ講義⑤(20_5_1980)

 
【研究発表】 平田公威「『意味の論理学』における出来事の論理」(仮)

※初回から申し訳ありませんが、部屋の空き具合の都合上、15時からの開催となっております。そのため、今回ミーティングはなく、読書会と研究発表のみとなっております。ご了承ください。

***********

では、次年度もDG-Labを何卒よろしくお願いいたします。皆様、よいお年をお迎えください。

(小林卓也)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中